原不動滝

今回は宍粟市波賀町にある観光スポット、「原不動滝」のご紹介です。ここの滝は、別の水源から流れてくる2本の滝が交わることから、恋愛成就の滝といわれています。 中国自動車道山崎インターを降りて、国道29号線を車で北上すること約40分のところです。 駐車場に車を止め、そこから約10分歩きます。 ここが入り口でしょうか。 どんどん進みましょう。 ここから有料です。大人200円、小人100円です…

続きを読む

引原ダム(観光放流)

宍粟市波賀町にある、引原ダムのご紹介です。筆者が訪問したときは、ちょうど観光放流が行われていました。 管理用の建物と思われるところから見たダムです。いやいや、すごい迫力です。 建物の横から、下まで降りられる道があります。高低差約60メートルあるらしいので、かなり良い運動になります(笑) 下まで降りてみました。そこから見た放流風景です。すごい迫力です。 上に戻り、放流しているのとは逆方向を…

続きを読む

一宮町本谷のミツマタ

今回は、宍粟市一宮町本谷(ほんだに)にある、ミツマタ群生地のご紹介です。 杉林の中に、ミツマタが群生しています。それにしても、すごい本数です。 筆者が訪問したのは、2017年3月25日でした。ちょっと早かったようで、まだつぼみでした。 もうちょいアップ! 場所ですが、国道29号線の東市場から県道8号線に入り、車で約20分ほど走ったところにあります。途中、道幅が狭いところや、少し路面が悪い…

続きを読む

ちくさ高原スキー場(ちくさ高原ネイチャーランド)

宍粟市千種にある、ちくさ高原スキー場のご紹介です。 宍粟市山崎(インター)からのルートは2つあります。1つは国道29号線を30分ほど北上し、波賀町の斉木口交差点(T字路)を左折、国道429号線で千種地区まで出て県道72号線を進むルートです。 もう一つは、山崎(インター)からすぐの中広瀬交差点を左折、県道53号線をひたすら西へ進み、突き当たりまで走ります。千種町の下三河交差点を右折、県道7…

続きを読む

伊和神社 播磨国一宮

宍粟市一宮にある、伊和神社のご紹介です。 伊和神社は、播磨国一宮と言われ、宍粟市の中でも一番大きな神社です。地名の「一宮町」は、このことから来ているそうです。西暦564年に創祀されたとされ、大変歴史のある神社です。 中国道山崎インターチェンジから、国道29号線を北上すること約30分の所にあります。 こちらの神社は、国道をはさんだ向かいにある道の駅「播磨いちのみや」が駐車場となるようです。 …

続きを読む

播州山崎花菖蒲園

【ご注意】2017年は休園とのことです。播州山崎花菖蒲園が経営難で休園 宍粟 2017/1/31 神戸新聞 宍粟市山崎にある、「播州山崎花菖蒲園」のご紹介です。 山あいの自然な地形を生かした、花菖蒲をはじめとしてシャクナゲ、アヤメ、藤棚などの花が楽しめる観光スポットです。開園期間は4月から6月で、時期により咲いている花が異なります。 管理者が訪れたのは5月ゴールデンウィークの終わりで、…

続きを読む

庭田神社 日本酒発祥の地

宍粟市一宮にある、「庭田神社」のご紹介です。 庭田神社は、日本酒発祥の地とされています。神社にある「由緒記」によると、大国主神が天日槍神と国の経営で争っていたが、伊和の国(同じ一宮町のことです)で最後の交渉をし、まあみんなで頑張ってやっていこう、とその他の神様も呼んで、酒を醸し宴会をこの場所で開いた、とされているそうです。 また、播磨国風土記には、伊和神社(同じ一宮町にあります)に供えて…

続きを読む

山崎八幡神社

山崎に鎮座する、「山崎八幡神社」に行ってきました。 駐車場に車を止めると、真ん前にお稲荷さんが鎮座しています。まずはお稲荷さんに挨拶をし、左にある本殿への参道を入ります。100メートルほど進むと、立派な本殿があります。 こちらは、名前の通り八幡神を祀る神社で、八幡神とは武運の神様である応神天皇の神霊を主神とし、応神天皇の父である仲哀天皇と、母である神功皇后を配祀神としてお祀りしている神社です…

続きを読む