道の駅 播磨いちのみや

中国自動車道の山崎インターを降り、国道29号線を車で北上すること約15分、伊和神社の向かいにある道の駅です。
この道の駅にレストランがありますので、今回はこちらのご紹介です。


ではメニューから。

麺メニューです。
20170624_130354.jpg
さすが播州、揖保の糸が食べられます。
そして宍粟市波賀町名物、笹うどんもあります。
あとはラーメン。

20170624_130704.jpg
麺類続きとキッズメニューです。
ホルモンうどんもありますね。お隣作用町の名物だったと思います。

20170624_130600.jpg
反射して見にくいですが(笑)、定食メニューです。
紫黒米という、健康によさそうなごはんもありますね。

20170624_130345.jpg
定食の続きです。

20170624_130611.jpg
あとは一品とドリンク、デザートです。

<下に続きます>

今回は、名物にどっぷりつかろうと、「揖保の糸と笹うどん夏物語」をオーダーしました。

DSC_1389.JPG
はい、一通り名物が揃っています。若干炭水化物祭りな気がしますが、細かいことは気にしないことにします。

手前が笹うどんと揖保の糸です。

奥左が「最強長芋ねばりっこ」をおろしたもので、鳥取産とのことです。宍粟市は鳥取県と隣接しています。
国道29号線は、兵庫県の南部から鳥取県まで通る道で、今は鳥取自動車道がありますが、宍粟市は交通の要衝とも言える場所にある、ということです。

奥右が「紫黒米」のおにぎりです。このお米は宍粟産とのことです。

DSC_1390.JPG
メインディッシュの笹うどんと揖保の糸アップです。

笹うどんはつるつるもちもちで、ほのかに笹の香りがして旨いです。
揖保の糸は、わざわざ言うまでもないですが、コシがあり小麦の香りが鼻をぬけます。旨いです。

ねばりっこですが、名前のとおり大変ねばりが強く、食べ応えがありました。
紫黒米のおにぎりは、白米よりも甘みが強く、大変おいしゅうございました。

レストランだけでなく、地域の名産物が置いてある売店や、宍粟市産の野菜が販売しているお店もありますので、ぜひ訪れてみてください。

DSC_1391.JPG

道の駅「播磨いちのみや」
兵庫県宍粟市一宮町須行名510-1


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 宍粟情報へ
応援お願いします!

この記事へのコメント

免責事項
当ブログの情報により、読者の方に誘発または発生したいかなる損害について、当ブログ管理者および当ブログにおける全ての関係者は、一切その責任を負いません。